自動車保険概要

保険のうち、自動車保険とは「事故に遭った被害者に対する金銭的な救済」「事故を起こした加害者の金銭的負担の援助」を援助するための制度です。

自動車保険には、強制保険といわれる「自賠責保険」(国から加入が義務づけられている保険)と、任意保険といわれる「自動車保険」(加入は自由)の2種類があります。

自賠責保険は、公道を走るすべての車やバイクに加入が義務づけられており、自賠責の証明書をクルマに積んでいないと、30万円以下の罰金が課せられます。注意しましょう。

自賠責保険は被害者保護のためだけの「対人保険」とも言えるものであり、保険の支払いが降りるのは「他人」に対する損害だけとなります。

しかも被害者に対して賠償金を支払う場合においても、その賠償金の一部しか補償されず、不充分なケースが多くあります。

自賠責保険の死亡補償は最高で3,000万円であるのに対して、実際の賠償額は1億を超える場合も多くあります。また、自賠責保険には、対物(ガードレールなど)や車両(自分・相手の車など)、また自分の体に対する損害についての補償もありません。

このような理由から、任意の自動車保険が必要となるのです。

自賠責保険が車種ごとに一定の金額となっているのに対して、任意の自動車保険は、保険会社や条件(運転免許の色、年齢、過去の事故、・・・)で保険の金額が違ってきます。

最近では1998年に行われた「自動車保険の自由化」により、外資系保険会社が日本国内に参入してくるようになり、任意保険や保険料が多様化してきているようです。

自動車保険の任意保険は、自分に合った保険を選び賢く利用しましょう!

快適なカーライフのために

もしも、事故を起こしてしまったり、事故にあってしまうと、身体に傷を負ったり人を傷つけてしまうだけでなく、少なからず心の中にも傷を追う事になってしまいます。

このような事にならないように、日頃から安全運転を心がけ、車両の点検や整備にも気をくばりたいものです。

そして、安全と、安心のおまもりとして、しっかりとした自動車保険に加入しておくことも大切です。

任意保険

自分の自由意思により加入する自動車保険で、自賠責保険の不十分な部分をカバーするもので車やバイクを運転する場合は加入するべき保険です。

しかし、任意保険の加入率を見てみると全体の7割で、残りの3割の人は任意保険に加入していない事になります。

任意保険は、事故を起してしまったことによる高額な賠償金に対し、自賠責保険だけでは不足している部分の補てんし、自分がケガや何らかの被害を負った場合の補償又、事故による対物の弁償、車両の修理など細かい項目に分かれた補償内容の保険を組み合わせて加入します。

詳細や金額、内容については、各保険会社により異なります。特に1988年に「自動車保険の自由化」が行われ日本にも外資系の保険儀者が参入し保険業界の競争は更に活性化されたといえます。

任意保険への加入を検討される場合は、見積もりを取り寄せ内容をよく比較しご自身に合った保険に加入される事をお薦めします。

自賠責保険

正式には自動車損害賠償責任保険といい、賠償資力確保を目的とした国の制度で公道を走るすべての車やバイクに加入が義務づけられています。

自賠責保険証書を常備していないと30万円以下の罰金が課せられ、有効期限が切れていると1年以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられます。

自賠責保険は、分かりやすくいうと「対人保険」で被害者保護のためにあり、保険の支払いも「他人」に対するものに限れれます。

自賠責保険の死亡補償額は1事故1名に対し最高3,000万円、重度後遺障害は最高4,000万円
障害120万円です。1事故で複数の被害者が出た場合でも、人数には制限がなくそれぞれの被害者に限度額までであれば賠償金は支払われます。

また、保険期間中であれば、何度事故を起こしても保険金の減額はありません。しかし、実際に事故による損害賠償金は1億円を超えるケースもあり十分な補償ができない事もあります。

それに加え、対物(電柱やガードレール等)や車両(自車、他車)自分自身に対する損害補償はありません。また、被害者に支払われる賠償金も、一部のみで充分に支払われない事も多くあります。

自動車保険とは

契約内容に準じた保険料を払うことにより、自動車による万が一の事故に備えるもので事故を起こしたことによる被害者への金銭的補償と加害者の金銭的負担の補助をするものです。

自動車保険には、一般的に強制保険といわれている「自賠責保険」と自由保険といわれる「任意保険」があります。

「自賠責保険」と「任意保険」にはどのような違いがあるのでしょう

便利な車社会に必要な自動車保険

以前に比べるとマイカーの台数は増えると同時に小さくコンパクトな車でも、中は広々とかセダンタイプの車も見直され、特に団塊の世代の方が第二の人生に向けて購入するケースが増えているようです。

しかし、各家庭の駐車スペースにとめられている車種で一番多く見られるのはやはり、ファミリーカーと呼ばれるゆったりとして車高も高めのワゴンやミニバンタイプが主流のようです。

車が大きいと言う事は、それだけもしもの時の備えもしっかりしたものを考えたいものです。そこで、自動車保険とはどのようなものか見ていきたいと思います。


copyright © 2006 自動車保険を家族で考えよう All Rights Reseved