スポンサードリンク

ビューティーアドバイザーを目指すなら

最近の女性は休日や余暇にお金をかけるよりも、自分自身にお金をかけスキルを磨く方が増えているようです。

そのためビューティーアドバイザーのへのニーズは高まっています。ビューティーアドバイザーになるには様々な方法がありますので参考にしてみてください。

また、ビューティーアドバイザーに求められる技術や需要は増える傾向にありますので
しっかりとした技術とその技術を証明するための資格を取得する事も良いでしょう。

ビューティーアドバイザーとは

化粧品の知識や使用法などを習得し提供できる、美容のプロを指します。

主な活躍の場としては化粧品メーカーに就職し、各ショップに配属になるか百貨店の化粧品コーナーなどで活躍します。

仕事の具体的な内容は、お客様のお肌の状態や要望を聞きカウンセリングをしながらその方に合ったスキンケアやメイクのアドバイスをしていき、販売などにつなげます。

ビューティーアドバイザーになるには

化粧品の知識やメイク技術などを習得する必要があり、色彩感覚や医薬の基礎知識なども必要とされます。学ぶ方法をいくつかご紹介しますので参考になさってください。

①化粧品会社に就職する

ビューティーアドバイザーの中には主に化粧品関係の会社に属し、各店舗に来店されたお客様のニーズに従ってその方に合った化粧品やメイク方法などをアドバイスしながら実際にお肌のケアや施術をしていく美容部員さんもビューティーアドバイザーです。

化粧品会社に就職した場合は、その会社の教育制度などにより化粧品知識や接客方法などビューティーアドバイザーとしての知識を学び実際に接客、販売ができるよう指導を受けます。気になる給料ですが、化粧品会社に就職した場合のお給料は初任給で17万円が平均的な給料です。

また、主に訪問販売などを中心に業績をあげている化粧品会社も同様に、教育制度は充実しており、ビューティーアドバイザーに留まらずエステティシャンなどの養成を行っている企業もあるので収入を得ながら技術を習得しようという向上心のある方には、一石二鳥と言えます。


②専門学校に通う

メイクや化粧品に関する専門知識を習得できる学校は沢山あり通学期間も3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、3年と内容もさまざまです。有名な美容家やアーティストなどが、教育や経営に携わる学校もあれば化粧品会社などが経営している学校などもあります。

専門学校の選び方については、資料などを取り寄せ、見学などで実際にご自身にあった知識と技術が得られるか確かめたり、その学校の卒業生や在学している方に意見を聞くのも1つの方法と言えます。

③通信教育で知識を得る。

職業を持ち仕事はしているが、将来の夢として美容関係の仕事をしたいと思っている方や自立した女性を目指したいと考える方は多くその中でもビューティーアドバイザーの資格を得たいと思っている方は多いようです。

そのような方にお薦めなのは、通信教育です。

空いた時間にコツコツ努力できる方ならマイペースで進められ、教材なども分かりやすく工夫されている通信教育は資格取得にはうってつけと言えます。

この通信教育講座も種類が増え、様々なニーズに答えられるよう工夫がされてきているので、資料を取り寄せ情報を集めてご自身に合った講座を受講されることをお薦めします。

ビューティーアドバイザーの資格

講習や授業を受け、修了証書や卒業証書を手にした時の喜びは大きいものがあります。しかし、それは終わりではなく1つの区切りで、これからが出発点といえます。実際にどれだけの人を美しくできるか、喜んでもらえるかは未知数ですしご自身がどのくらいの実力があるかは計り知れません。
(大きな可能性があります。)

そこで、ご自身の実力を試したり、1つの目安や、自信につなげる方法に国際美容連盟(IBF)主催のメイクアップアーティスト認定資格試験があります。

試験は年4回行われ、開催場所は東京、大阪の2ヶ所で、他に条件を満たせば在宅で試験を受ける方法もあります。

受験料は10,500円で願書の提出、受験料の振込みを経て当日受験会場で試験が行われます。
認定試験に合格するとIBMの正会員として登録され(登録料31,500円、年会費12,600)有名アーティストなどのセミナー、講習会などへ会員価格で参加できる他、優良企業への就職、海外での活躍のチャンスなども望めます。詳しい内容は、ホームページなどから国際美容連盟に問い合わせると資料などを送付してくれます。


copyright © 2006 ビューティーアドバイザーになりたい All Rights Reseved